ニキビはどのような理由でできてしまうの

ニキビはどのような理由でできてしまうの

 

ニキビはどのような理由でできてしまうのでしょうか。

 

イメージしやすいところで言うと、皮脂だと思います。

 

顔がぎとぎとしていて皮脂が多い人は、何となくニキビが多いようなイメージはありませんか?

 

そのためか、顔に皮脂が溜まってしまわないように、女性は油取り紙を持ち歩く人が多いようです。

 

この皮脂も当然理由の1つではありますが、実はニキビの原因は皮脂の多さだけではないのです。

 

例えば若い頃よりも大人になってきた時の方が皮脂量が減少しています。

 

しかしそれでもニキビはできますよね。

 

それに皮脂があまりない頬にニキビが発生する人もいるくらいです。

 

ですから、一概に皮脂だけがニキビの要因とは断定できませんよね。

 

ニキビは実は毛穴の出口がきっかけで発生するのです。

 

この部分の角質が分厚くなり、毛穴がふさがれてしまうと、出て行かなくてはいけない皮脂が詰まってしまい、そこにアクネ菌が増えてしまい、その結果としてニキビができてしまうのです。

 

アクネ菌というのはニキビの原因であると昔からよく言われていたので、ご存知の方も多いと思いますが、このアクネ菌を殺菌することこそがニキビケアとされていました。

 

それでも、アクネ菌は皮膚に元々存在する常在菌なので、ニキビを悪化させてしまうことも確かにありますが、それ以上に皮膚を常に正常に保つ作用も持っているのです。

 

ですから、単純にアクネ菌を殺すことがニキビケアだとするのは少し違うかもしれません。