背中や胸にできたにきびのケア

背中や胸にできたにきびのケア

 

背中や胸元ににきびができてしまうと気になりますよね。

 

何とかにきびを治したいと思って、体をごしごしと強く洗って清潔に保ちたいという気持ちはわかりますが、それは皮膚を傷つけてしまうだけですし、毛穴に詰まったアクネ菌はそのような方法では落ちませんので、やめましょう。

 

にきびが治らないどころか、にきびがさらに悪化してしまう恐れがありますので絶対に強く洗う事だけはやめてくださいね。

 

いくらスキンケアなどを頑張ってしていても、意味がなくなってしまいます。

 

体を洗う時はぜひ綿の柔らかいタオルでそっと洗うようにしましょう。

 

また、ボディーソープは刺激が強いので、低刺激の石鹸を使うことをおすすめします。

 

体を洗った後はボディクリームの使用は控えましょう。

 

実はボディクリームの油分はにきびを作る原因になってしまうのです。

 

またシャンプーやリンスがしっかりと洗い流せておらず、肌に残ったままになっているとにきびにつながってしまいますので、最後に体を洗うようにしてください。

 

さらに背中や胸のにきびは衣類から受ける刺激や汗によって悪化しますので、手間はかかりますが、夜寝ている間にかいた汗を朝シャワーで流すようにしましょう。

 

夏は特ににきびができやすくなりますので、汗をこまめにふきとり、清潔にしておきましょう。ボディーシートで体を拭くと、さっぱりして気持ち良いですよ。