肌を清潔にしておくことが一番

肌を清潔にしておくことが一番

 

背中のニキビは手が届きにくいので、どのように対策したら良いかわからないという人も多いと思います。

 

まず背中にニキビを発生させるのを防ぐためには、肌を清潔にしておくことが一番です。

 

背中の皮脂や汗、汚れをきちんと毎日洗って落とし、皮膚を清潔に保っていればニキビを予防することができますし、特にそれ以外にすべきケアはないと言っても良いでしょう。

 

背中をしっかり洗うことが大切ではなるのですが、市販のナイロン製のタオルでごしごし洗ってしまうのは良くありません。

 

肌を傷つける事になるので、かえって肌荒れの原因にもなりかねません。

 

それに既に背中にニキビができてしまっている方は、そのニキビが悪化してしまうので、背中を洗う時には手や柔らかいタオルを使うようにしましょう。

 

それから使用するボディーソープにも目を向けるようにしましょう。

 

体を洗った後、しっとりうるおうタイプの物は、一見肌に良さそうに思えるのですが、実は油分がたっぷりと配合されているのでニキビ肌には良くありません。

 

また界面活性剤を使用しているボディーソープですと、肌へ強い刺激を与えてしまうので、肌がニキビで既に弱まってしまっている場合には、脱脂効果の弱い固形石鹸を使うようにしましょう。

 

赤ちゃん向けの刺激の少ない石鹸もおすすめです。

 

それから背中を洗う時には、先に髪を洗っておきましょう。先に体を洗ってしまうとトリートメントなどが背中に残ってしまい、肌に良くありません。