普段から食生活に注意

普段から食生活に注意

 

アーモンドなどのナッツ類がニキビに良くないことは皆さんもご存知かもしれません。

 

また、香辛料なども刺激が強いので、皮脂腺を刺激する食べ物はなるべく摂らないほうが良いでしょう。

 

既に背中にニキビができてしまっている場合でも、普段から食生活に注意をして、ケアもしていれば次第に改善されていくでしょう。

 

また反対に肌の乾燥も背中にニキビができてしまう原因となります。

 

乾燥肌になるとニキビができてしまうのです。

 

人の皮膚は28日間という周期のもとで、皮膚細胞が新しく生まれ変わります。

 

いわゆるターンオーバーのことです。

 

肌のケアに興味がある方は、このターンオーバーを利用して肌のケアを行っている人もいるかもしれません。

 

加齢や肌が乾燥すると、皮膚が硬化してしまい、角質層が厚く、硬くなります。

 

そうなると通常通りにターンオーバーが行われず、周期が乱れてしまいます。

 

古い皮膚は本来であれば垢になってはがれ落ちるのですが、古い角質にが毛穴を防いではがれ落ちなくなってしまうのです。

 

ニキビはこのような毛穴の汚れと詰まりによってできてしまいますので、ターンオーバーが上手く行かないとニキビが発生してしまいます。

 

夏場は汗で、冬場は乾燥によってニキビができるので、年中ニキビケアを怠らないようにしなくてはなりません。

 

特に冬は肌が乾燥しないように特別なケアをするようにしましょう。